社会福祉法人 おかざき福祉会 | 中途採用サイトTEL 0564-47-3335

おかざき福祉会へ入社して、20年目に入りました。かわいの里開設と同時に入社し、翌年第1子を出産。それから第2子第3子を出産し、子育てをしながら勤めてきた20年は、長いようで短い、あっという間のものでした。 子どもがまだ小さい頃は家庭と仕事の両立に不安を感じ、仕事を辞めようと考えたこともありました。しかし、おかざき福祉会は、子育て、家庭を中心・大切にする考えを持っており、そのおかげもあって仕事を続けていく事ができました。 女性にとって出産は人生の一大イベントで、出産後は仕事と子育ての両立がどうしても難しくなります。しかし、おかざき福祉会では産休・育休をしっかり取得し、その後、正職員として働く人が多いです。他にも、子どもが小さいうちは非常勤職員として働き、 子育てに落ち着いた頃に正職員へ復帰する職員も少なくありません。皆さんがおかざき福祉会に就職した際も、家庭と仕事を両立させて働くことができますよ。人生設計をしっかり立て、安心して長く勤めていただけます。 私自身おかざき福祉会の職員として働きながら、家庭も大切にする母として成長してこられた事にとても感謝しています。そして、同じ悩みをもつ職員の一番の相談相手として役に立てればと思っています。 女性としても、上司としても「施設長のようになりたい!」と思ってもらえるような存在になれると嬉しいです。どんな事でも構いません。なんでも気軽に相談しに来てくださいね。
介護業界での雇用需要がますます強まり、介護に従事したい人が増える中、介護の資格も充実してきました。おかざき福祉会は資格取得を目指す職員に対するサポートを全力で行っています。試験のための研修や、介護技術の講習会は法人負担で参加できますし、介護職員初任者研修や喀痰吸引等研修は法人内で開校され、費用についても助成があります。介護の仕事は現場で学ぶと言っても過言ではありません。しかし、知識が無ければ挫折しやすいところもあります。しっかりと仕事の厳しさを理解して介護業務に従事し、長く勤めていただきたいという思いがそこにあります。介護未経験の方でも安心してください。仕事をしながら介護職員初任者研修の資格を取得することで、介護職員として自信をつけることができるでしょう。 自信が持てるようになれば多くの人が次のステップを考えられるようになります。「介護のスペシャリストになりたい」「将来、介護福祉士の資格を取って施設を管理したい」「介護施設の事務職をしたい」等、夢を持って働いていただけるようにおかざき福祉会はサポートしています。ここには夢を掴むチャンスが充分にあります。目標を高く持ち、キャリアを重ね、様々な分野で活躍できるよう、一緒に頑張りましょう。
「私たちは、いつまでも夢を持ち続け、出会いという縁を大切に、心をこめて介護をさせていただきます」 これは法人の理念で、今の私の気持ちそのものです。 施設長という立場上、職員に厳しく接することもあります。これは全て、ご縁があってお世話をさせていただく入居者様と、ご縁があって一緒に働くことができる職員の為。入居者様に「かわいの里へ来てよかった」と 思っていただける介護サービスを提供したいのはもちろん、職員にも介護のプロとして成長してもらえるよう指導しています。 厳しいだけでなく、職員の一番の理解者でありたいとも思っています。とにかく動く事、各施設に足を運び職員と話をすることを心がけています。職員の話を直接聞き、現場を自分の目で見て、 空気を共に感じながら助言・指導を行うようにしています。職員一人ひとりが悩みや不安を溜め込まないよう、業務の指示だけするのではなく、一緒に会話をしながら話しやすい関係作りを心がけています。 おかざき福祉会の職員はみんな心の優しい人ばかりで、私の自慢です。職員みんなで手を取り合って、仕事を楽しみ、笑顔の溢れる職場で働くことができますよ。皆様にお会いできる日を楽しみにしています!!
おかざき福祉会の魅力は、何といっても職員を大切にしてくれる働きやすい社風です。入社したての頃は理事長との距離の近さに驚きました。前職では、理事長に会う機会は1ヵ月に1度あるかないかでした。 ですが、おかざき福祉会の理事長は各施設に毎日顔を出します。現場で設備や機械のトラブルが起き工事・修理が必要になった時は、理事長自ら現場に出向き、陣頭指揮を執ります。トラブルの起きている中、 理事長がその場に居るだけで私たちは安心できますし、同じ時間を共有しながら一人ひとりと気さくに話しをするのでとても親近感を感じます。 理事長と直接会話ができる法人はなかなかないと思います。理事長の経営への熱心さを肌に感じながら、いつも程よい緊張感を持って業務に励むことができますよ。
私は地域包括支援センターのセンター長として仕事をしています。かわいの里地域包括支援センターは、岡崎市からの委託を受け、岡崎市の出先相談窓口として地域の皆様から様々な相談を受ける機関です。 担当する地域の方々が介護を必要とする時、最初に相談に訪れる場所がこの地域包括支援センターになります。そのため、多様なお問い合わせをいただきます。相談窓口ですので言葉遣いや態度、利用者様への接し方には失礼の無いよう注意を払っています。 こちらの言葉が利用者様に違った意味合いで捉えられてしまうと、それが原因で後々のトラブルに繋がりかねません。こちらの話す言葉の単語一つでも意味が変わってしまうので、言葉の選び方は一番意識しています。 私たちの担当するエリアには約4,000人の高齢者が住んでいて、みなさまの相談援助を3名の職員で行っています。「孤独死を出さない事」を目標に掲げ、これまで業務を行ってきました。 担当を任されてから今年で9年目。私たちの担当ケースで孤独死が出た事はありません。今後も継続・維持するために、近隣住民、地区総代、民生委員の方々との情報共有やコミュニケーションを密にし、 少しの変化も見逃さない、そして常に最新の情報をインプットして相談援助を行います。この積み重ねが地域のみなさまの生活の安全を生み出すのだと考えて、私たちは日々業務に取り組んでいます。
「私の仕事は「話を聞く事」です。利用者様から介護や生活に関する悩みや相談をいただく。関係機関や職員から相談を受ける。悩みや相談を正面から受け止める事はとてもエネルギーのいる事で楽な仕事ではありません。 また、職務外の事でも動かなければならない事態もあります。私が経験したのはゴミ屋敷の掃除。現場に向かうと、テレビで見たことのある光景が目の前にありました。 お金もなく身内もいない方のお宅だった為、関係者が掃除せざるを得ない状況でした。テレビで見るのと実際やるのとでは大違い。正直、二度目は遠慮したいと思った程の過酷な作業でした。 通常の相談業務も、突発的に起こるものも、どちらも大変な仕事です。それでも日々乗り越えてこられたのは、私自身の根本で「利用者様を助けてあげたい気持ち」が継続できていたからだと思っています。 自分で考えた援助内容で利用者様が笑顔になった時、「ありがとう」と言葉をいただけた時、それまでの苦労はスーッと無くなっていきます。「ありがとう」という利用者様の言葉や笑顔に出会え、その達成感ややりがいをダイレクトに 感じられるのが私たちの仕事です。これを一度味わってしまうとなかなか抜け出せないですよ。是非みなさんも、魅力ある魔法の言葉「ありがとう」をこちらで実感してください。共に虜になりましょう。
20代は自分の為に、自分のやりたい事を必死になってやってきました。そんな私が介護の仕事に興味を持つきっかけになったのが、その時たまたま見ていたテレビでした。そこで老老介護をしなくてはならい現状があることを知り、誰かの役に立ちたいと思うようになりました。30代は誰かの為に必死になろう、私は介護の仕事をしようと決めました。 資格や経験のない私に介護の仕事ができるのかとても不安だったため、まず職場体験をさせていただきました。そこで見たのは、職員と入居者様が冗談を言い合いながら笑っている姿。「アットホームな職場だな」と思ったのと同時に、「この人たちの元で仕事がしたい」と思い、私はおかざき福祉会へ入社しました。介護の仕事に興味がある方は是非一度おかざき福祉会に見学に来てください!!素敵な笑顔の入居者様、いつも明るく優しい職員に出会うことができますよ!!
人間誰しもそうですが、気分や体調が良い日・悪い日があり、同じく入居者様の状況も毎日変化します。私たちは交代で勤務するため、入居者様の状況については、フロアの職員全員で情報を共有しておく必要があります。日々の申し送りや電子カルテによる介護記録を使い、介護士だけでなく栄養士やケアマネージャーとも情報を共有し業務を行います。 入居者様の生活習慣や性格を尊重できなければ、これまで過ごしてきた「自分らしい生活」を、施設の中で送っていただくことはできません。入居者様に近いご家族様からお話を伺い、私たちと出会う前の入居者様の情報をいただき、職員で共有します。 私たちと出会う前、そして出会ってから今日までの状況を知ったうえで入居者様に寄り添い、元気で明るく過ごしていただけるよう介護をさせていただいています。「今日は調子が良いよ」「ありがとう」など笑顔を見せていただけた時はとても嬉しくて、気付けば私も笑顔になっています。 また、私の母も介護の仕事をしており、同じ世界へ飛び込んだ私に介護士の先輩として声をかけてくれます。「大変な仕事だけど、入居者様は新人のあなたに身体を全て預けてくださっている。介護をさせていただいているという気持ちを忘れずに頑張りなさい。」母の言葉を大切に、母や先輩職員のような人に早くなれるよう日々努力しています。
職場環境にはとても恵まれていると感じています。上司や先輩はとても優しく接してくださいます。相談をした時はいつも親身になってアドバイスをしていただけるので、人間関係はとても良いと思います。 また、おかざき福祉会は職員のスキルアップにも力を注いでおり、介護職員初任者研修が法人内で開かれ、働きながら資格を取得することができます。私もスキルアップの第一歩として受講を決めました。おかざき福祉会は他にも様々な資格取得に対する応援制度があります。この制度を利用して、将来は介護福祉士や介護支援専門員の資格取得にチャレンジしたいと思っています。 おかざき福祉会に就職すれば、環境の良い職場で働くことができ、しっかりとした目標を掲げることができます。私のように介護のお仕事が未経験の方でも安心して働くことができます。一歩一歩介護の世界で歩んでいることを実感しながら、一緒に成長していきましょう。
4年ほど別の会社に勤めた後、出会ったのがおかざき福祉会でした。最初の印象は「大きな施設だな」というもの。スタッフ紹介の写真にはたくさんの職員の顔が並んでいました。まったく違う業界からの転職でしたが、施設の規模が大きいところや、法人が設立してから長かったことに安心感を覚えました。 仕事をしていて最もやりがいを感じるのは、やはり職員や入居者の方と笑って一日一日を過ごせていると実感できた時。入居者様やそのご家族様から「ありがとう」と言っていただけた瞬間は、介護士冥利に尽きる思いです。こちらの対応について厳しい言葉をいただくこともありますが、「毎日大変な仕事だね」「体を大切にしなさいよ」なんて、温かい言葉をかけていただけることもあります。厳しくも優しい入居者様、ご家族様の評価をダイレクトに感じることができるのが、この仕事の醍醐味ですね。 人間一人ひとり考え方や感じ方が違うので、一筋縄ではいかないことばかり。とても奥が深い仕事です。トラブルや変化に対応する能力が求められるため、明るく元気で人と話すことが好きな人がこの仕事に向いていると思いますよ。
社内行事や、部活動をしている時、改めて「明るく楽しい人たちが多い会社だな」と感じることがあります。 統括施設長は私たちに挨拶をされるとき「今日も一日笑顔でお仕事していただきありがとうございます」「今日も一日笑顔で気持ちの良い対応を」と言います。そんな統括施設長の「笑顔」という言葉が職員を惹きつけているのかもしれません。いつもどんなときにも「笑顔」で、大変でも明るく前向きに楽しむ姿勢を大切にしているのです。 また、会社の外では部活動。バレー、バドミントン、ボウリング、そして野球部。大学生のサークル活動のように和気あいあいと楽しんでいます。おかざき福祉会は、仕事だけでなく様々な事をみんなで楽しめる会社です。年齢・性別を問いません!スポーツ等様々なことを楽しみながら親睦を深めていきましょう。
所長の仕事は、入居者様に施設で安心・安全に過ごしていただくための相談援助業務、ご家族様の対応、入居待機者の調整、職員の指導といった、人と人との調整です。職員と入居者様とを橋渡しする役割もあります。ときには職員の相談役になり、またクレーム係のような立場になることも必要です。 私は入居者様や職員から頼りになる・信頼される所長になりたいと思っています。言葉だけではなく、接し方や行動から学んでもらえるような人になれればいいですね。 そして、今後の目標は、資格を取得すること。認知症ライフパートナーや認知症サポーターの資格を取得したいと 考えています。知識を増やすことで、入居者様へのよりよい処遇につなげていきたいと考えています。
「岡崎市の中で大きくてしっかりした会社だよ」という知人の一言が、私がおかざき福祉会を選んだきっかけです。周囲からの評判も良く、しっかりとした会社で仕事をしたいと思っていました。当時の私は「介護業界=女性の職場」というイメージを持っていて、すぐに馴染めるのか不安もありましたが、おかざき福祉会には男性職員も多く、すぐに職場に溶け込むことができました。 私が仕事を続けられるのは、職員同士の仲が良いからだと思っています。最初は栄養士として働きたいという想いが諦めきれず、気持ちが揺れたまま仕事をしていました。「2、3年したら転職しよう」とも考えていました。しかし、おかざき福祉会の仲間に囲まれて仕事をするうちにその考えも変化していきました。理事長はとても優しく、誰にでも気さくに話しかけてくれます。施設長も職員一人ひとりをよく見てくれていて、私たちに、時に優しく、時に厳しく指導をしてくれます。先輩や同僚は隔たりなく話しやすい人が多く、会社の外でも仕事からプライベートまでいろいろ話します。悩みがあればみんな真剣に相談に乗ってくれます。優しく尊敬できる上司、心強い仲間に囲まれて働けることに感謝しています。
現在はフロアの副主任として勤務をしています。フロア全体に目を配りながら動く必要があります。仕事をする中で、笑顔を絶やさない事、「疲れた」と言わない事を意識しています。自分から発信して、周りの人を笑顔にしたり、元気づけたりしたいからです。フロアの士気を上げようと行ったことが、最初は上手くいかず辛かった時期もありました。先輩から何度もアドバイスをいただきながら、周りの職員と意識の共有を少しずつ図っていきました。フロア全体の空気が以前よりも良くなり、副主任として一歩先に進めたことを実感できています。 この先も仲間や法人と共に成長し続けたい。私はおかざき福祉会の職員として誇りを持って働いています。みなさんもおかざき福祉会の素晴らしい仲間や上司、笑顔の素敵な入居者様に囲まれながら働くことができますよ。
世間で言われているほど、介護の仕事はキツい仕事ではないと私は感じています。入居者様から優しいお言葉をいただいた時、とても嬉しい気持ちになります。何度もカンファレンスを重ね計画した行事で入居者様の笑顔が見られた時、とても達成感があります。「次はもっと楽しんでいただけるように」と話し合いながら、同じ目標に向かって進んでいける仲間に強い絆を感じることができます。 介護のお仕事にも辛い事や大変なことはもちろんあります。決して楽な仕事ではありません。しかし、それ以上にやりがいや充実感を得られます。人とのつながりや温かみを感じられる、人間味に溢れた素敵な仕事です。 このサイトを見ている皆さんが、介護のお仕事に少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。
「社会福祉法人おかざき福祉会は平成27年に創立20周年を迎えました。これまで愛知県や岡崎市、豊田市、みよし市などの監督官庁に、ご指導やご助言をいただきながら高齢者福祉施設の運営を行い、人生の先輩方やお世話になった地域に貢献してまいりました。 この20年は決して穏やかではなく、めまぐるしく変化していく時代の中で苦労を重ねて過ごしてきたものでした。これまでの20年で一番の大きな出来事はやはり介護保険制度の施行ではないでしょうか。行政機関による措置制度から、ご利用者様がサービス提供者との契約に基づいてサービスを利用する、自己決定できる制度へと変わり、ご利用者様は自分の受けるサービスを自由に選択できるようになりました。 社会福祉法人おかざき福祉会は、『私たちは、いつまでも「夢」を持ち続け、出会いという「縁」を大切に、「心」を込めて介護をさせていただきます』を基本理念に掲げています。ご縁があっておかざき福祉会のサービスをご利用いただいた方に「おかざき福祉会のサービスを選んで良かった」と思っていただけるように、そしてご利用者様にとっておかざき福祉会がいつまでも「安心・安全」な存在でいられるように、法令遵守を徹底すると共に、毎日「心」を込めて業務に取り組んでいます。 また、「安心・安全」はご利用者様だけに向けたものではありません。おかざき福祉会で働く職員のためにも「安心・安全」な職場となれるよう法人運営に努めています。環境・待遇に不満を持ちながら良い仕事をすることはできません。職員が安心して働くことができてこそ、ご利用者様に質の良い介護サービスを提供することができます。おかざき福祉会では、「こんな手当が欲しい」「こんな時間で勤務したい」等、現場の意見が反映されるよう、社内規定や給与規定の内容の変更を随時行い、職員が働きやすい環境作りに励んでいます。

年に1回の昇給と、年に2回の賞与の支給。これは私が職員の皆さんと約束しているもので、創立から今日まで毎年行っています。 ご利用者様のお世話を24時間365日させていただく我々の仕事は、一人では決してできません。職員全員が一丸となって初めてできる仕事です。私がする約束も実は同じで、私ひとりの力ではなく、現場で働く職員全員の努力があってこそ果たせるものです。職員全員が支えてくれたお陰で今のおかざき福祉会があります。おかざき福祉会がこれからも安心して働ける職場であり続けられるように、職員みんなで知恵を出し合い、力を合わせていきたいと思っています。今後も職員との約束を毎年していく思いは変わりません。
近年、新たな仲間が東海三県はもちろん、沖縄県など幅広いエリアから集まってきています。おかざき福祉会では職員寮を完備していますので遠方からの就職・転職も安心です。独身の方だけでなく、ご家族での入寮も可能で、入寮後の生活もサポートしています。皆様との「ご縁」に感謝しながら、私にできることは全力で支援させて頂きたいと考えております。一人ひとりが活躍できる環境や心地よさ、安心して働ける職場環境は、どこにも負けないと自負しています。 おかざき福祉会にご興味のある方は是非一度、お気軽に、お問合せ・お立ち寄り・ご相談ください。皆様とお会いできる日を楽しみにしています。
エントリーはこちら

は必須項目になります。

お名前
ふりがな
ご連絡先お電話番号
メールアドレス
Gmail,Hotmail,Yahooなどのフリーメールをご利用の場合、迷惑メールとして処理される可能性がございます。 フリーメール以外のご登録をお勧めします。
確認メールアドレス
ご住所
郵便番号
都道府県
市区町村番地
学歴
資格
志望動機・PR